レイヤの結合について:ワイルドカード的なもの

Previous Topic Next Topic
 
classic Classic list List threaded Threaded
10 messages Options
Reply | Threaded
Open this post in threaded view
|

レイヤの結合について:ワイルドカード的なもの

y-iwasa

初めて投稿されてもらいます。

 

利用環境は以下の通りです。

OS:Windows10

バージョン:3.16.2

 

この年末年始から使い始めたばっかりですがレイヤの結合を

する場合、ワイルドカード的に対象行をヒットすることは

できませんでしょうか?

 

参照先の一部データがデータが“松山市   ”(スペースが入っていた)となっていたため

レイヤを結合すると一部のデータのみ結合先のデータなしと表示されていました。

元データがこのような状態とわからず何か別の間違いをしているかと思い苦労してしまいました。

 

PCのファイル検索のようにワイルドカード的に結合先を特定することはできませんでしょうか?

やはりDBなのでデータ自体を疑うしかないのでしょうか?


_______________________________________________
OSGeoJapan-discuss mailing list
[hidden email]
https://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss
Reply | Threaded
Open this post in threaded view
|

Re: レイヤの結合について:ワイルドカード的なもの

Nobusuke Iwasaki-3
こんにちは、いわさきです。

こちらの質問ですが、QGIS上での作業ということでよろしいでしょうか。

QGISの場合で調べたのですが、可能といえば可能なようです。ただちょっと手間かかります。

以下の動画を参考にしまいた。

QGIS Tutorial: Join table with fuzzy match in QGIS 3.8 [EN]

手順としては、ジョインを実行する前に結合したいカラムを比較し、文字列が類似している場合、結合用のフィールドを作る、 という手順です(ちょっと手間がかかります)。
試してみた画像を添付します。

2021-01-09 14_13_35-area — フィールド計算機.png

2021-01-09 14_13_40-city __ 地物数 合計_ 3、フィルタ_ 3、選択_ 0.png

そのほかにも、
Fuzzy Table Joins in QGIS

Joining by 'almost' identical attributes using QGIS?

が参考になるかと思います。
表記ゆれが多い、といった場合には有効かもしれませんが、今回のような場合は、手間の方が多いかもしれませんね。


2021年1月9日(土) 10:57 <[hidden email]>:

初めて投稿されてもらいます。

 

利用環境は以下の通りです。

OS:Windows10

バージョン:3.16.2

 

この年末年始から使い始めたばっかりですがレイヤの結合を

する場合、ワイルドカード的に対象行をヒットすることは

できませんでしょうか?

 

参照先の一部データがデータが“松山市   ”(スペースが入っていた)となっていたため

レイヤを結合すると一部のデータのみ結合先のデータなしと表示されていました。

元データがこのような状態とわからず何か別の間違いをしているかと思い苦労してしまいました。

 

PCのファイル検索のようにワイルドカード的に結合先を特定することはできませんでしょうか?

やはりDBなのでデータ自体を疑うしかないのでしょうか?

_______________________________________________
OSGeoJapan-discuss mailing list
[hidden email]
https://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss


--
岩崎 亘典

_______________________________________________
OSGeoJapan-discuss mailing list
[hidden email]
https://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss
Reply | Threaded
Open this post in threaded view
|

Re: レイヤの結合について:ワイルドカード的なもの

y-iwasa

質問自体はQGIS上で完結する必要はありません。

まずは方法アドバイス参考になります。

 

今回の場合、CVSデータとの結合なのでCSVデータを何らかの形でチェックすればいいのでしょうが

GISで活用するとなると行数がかなり増えるとなるとここら辺を自動的にチェック&修正できると

いいのですが...

 

まずはご回答ありがとうございました。

 

From: Nobusuke Iwasaki <[hidden email]>
Sent: Saturday, January 9, 2021 2:18 PM
To: [hidden email]
Cc: osgeojapan-discuss <[hidden email]>
Subject: Re: [OSGeoJapan-discuss]
レイヤの結合について:ワイルドカード的なもの

 

こんにちは、いわさきです。

 

こちらの質問ですが、QGIS上での作業ということでよろしいでしょうか。

 

QGISの場合で調べたのですが、可能といえば可能なようです。ただちょっと手間かかります。

 

以下の動画を参考にしまいた。

 

QGIS Tutorial: Join table with fuzzy match in QGIS 3.8 [EN]

 

手順としては、ジョインを実行する前に結合したいカラムを比較し、文字列が類似している場合、結合用のフィールドを作る、 という手順です(ちょっと手間がかかります)。

試してみた画像を添付します。

 

 

 

そのほかにも、

Fuzzy Table Joins in QGIS

 

Joining by 'almost' identical attributes using QGIS?

 

が参考になるかと思います。

表記ゆれが多い、といった場合には有効かもしれませんが、今回のような場合は、手間の方が多いかもしれませんね。

 

 

202119() 10:57 <[hidden email]>:

初めて投稿されてもらいます。

 

利用環境は以下の通りです。

OS:Windows10

バージョン:3.16.2

 

この年末年始から使い始めたばっかりですがレイヤの結合を

する場合、ワイルドカード的に対象行をヒットすることは

できませんでしょうか?

 

参照先の一部データがデータが松山市   (スペースが入っていた)となっていたため

レイヤを結合すると一部のデータのみ結合先のデータなしと表示されていました。

元データがこのような状態とわからず何か別の間違いをしているかと思い苦労してしまいました。

 

PCのファイル検索のようにワイルドカード的に結合先を特定することはできませんでしょうか?

やはりDBなのでデータ自体を疑うしかないのでしょうか?

_______________________________________________
OSGeoJapan-discuss mailing list
[hidden email]
https://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss


 

--

岩崎 亘典


_______________________________________________
OSGeoJapan-discuss mailing list
[hidden email]
https://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss
Reply | Threaded
Open this post in threaded view
|

Re: レイヤの結合について:ワイルドカード的なもの

Nobusuke Iwasaki-3
こんにちは、

〉CVSデータとの結合なのでCSVデータを何らかの形でチェックすればいい

とのことですが、CSVファイルの方を修正したいということでよろしいでしょうか。
こちらの手順ですが、GISデータの方でなく、CSVファイルの方に正規化したカラムを作ることも可能です。
参考までにQiitaに記事をまとめてみました。

ただ、この記事の最後にも書きましたが、csvファイルの方に表記ゆれ、誤字等がある場合は、OpenRefine等のツールを使って整理した方がいいかもしれません。
https://qiita.com/higa4/items/5c2b2630bfd91e064f67

よろしくお願いします。


2021年1月10日(日) 9:23 <[hidden email]>:

質問自体はQGIS上で完結する必要はありません。

まずは方法アドバイス参考になります。

 

今回の場合、CVSデータとの結合なのでCSVデータを何らかの形でチェックすればいいのでしょうが

GISで活用するとなると行数がかなり増えるとなるとここら辺を自動的にチェック&修正できると

いいのですが...

 

まずはご回答ありがとうございました。

 

From: Nobusuke Iwasaki <[hidden email]>
Sent: Saturday, January 9, 2021 2:18 PM
To: [hidden email]
Cc: osgeojapan-discuss <[hidden email]>
Subject: Re: [OSGeoJapan-discuss]
レイヤの結合について:ワイルドカード的なもの

 

こんにちは、いわさきです。

 

こちらの質問ですが、QGIS上での作業ということでよろしいでしょうか。

 

QGISの場合で調べたのですが、可能といえば可能なようです。ただちょっと手間かかります。

 

以下の動画を参考にしまいた。

 

QGIS Tutorial: Join table with fuzzy match in QGIS 3.8 [EN]

 

手順としては、ジョインを実行する前に結合したいカラムを比較し、文字列が類似している場合、結合用のフィールドを作る、 という手順です(ちょっと手間がかかります)。

試してみた画像を添付します。

 

 

 

そのほかにも、

Fuzzy Table Joins in QGIS

 

Joining by 'almost' identical attributes using QGIS?

 

が参考になるかと思います。

表記ゆれが多い、といった場合には有効かもしれませんが、今回のような場合は、手間の方が多いかもしれませんね。

 

 

202119() 10:57 <[hidden email]>:

初めて投稿されてもらいます。

 

利用環境は以下の通りです。

OS:Windows10

バージョン:3.16.2

 

この年末年始から使い始めたばっかりですがレイヤの結合を

する場合、ワイルドカード的に対象行をヒットすることは

できませんでしょうか?

 

参照先の一部データがデータが松山市   (スペースが入っていた)となっていたため

レイヤを結合すると一部のデータのみ結合先のデータなしと表示されていました。

元データがこのような状態とわからず何か別の間違いをしているかと思い苦労してしまいました。

 

PCのファイル検索のようにワイルドカード的に結合先を特定することはできませんでしょうか?

やはりDBなのでデータ自体を疑うしかないのでしょうか?

_______________________________________________
OSGeoJapan-discuss mailing list
[hidden email]
https://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss


 

--

岩崎 亘典



--
岩崎 亘典

_______________________________________________
OSGeoJapan-discuss mailing list
[hidden email]
https://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss
Reply | Threaded
Open this post in threaded view
|

Re: レイヤの結合について:ワイルドカード的なもの

Naoki Arita
こんにちは

大幅な表記ゆれなどの可能性があり、のちのちのことも考え、データとして
ちゃんと修正しておきたい場合、 CSV 形式で作業するのはおすすめです。
いわさきさんが示されている記事のほか、 CSV 自体にも位置情報をもたせることが
できるため、うまくすると CSV だけでデータ管理をすることができます。


それはそうと、 QGIS 式における部分一致は LIKE 演算子を使うこともできます。

属性テーブルを開き、式による地物選択で "city_name" LIKE '松山市%' として
条件選択すると、末尾空白も含めマッチするはずです。
(属性名が city_name の場合。属性名には二重引用符、文字列には一重引用符)

マッチした行に対し、「松山市」で選択の更新を行うことで、それらの行を
一律「松山市」とすることも可能です。


また、半角空白やタブだけなら trim 関数、全角空白もあれば regexp_replace 関数も
利用して、値の更新を行うこともできるかと思います。
関数の使い方はフィールド計算機の中段の関数一覧で確認することができます。

_______________________________________________
OSGeoJapan-discuss mailing list
[hidden email]
https://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss
Reply | Threaded
Open this post in threaded view
|

Re: レイヤの結合について:ワイルドカード的なもの

y-iwasa

三連休中にもかかわらずアドバイス参考となります。

まだQGISを始めて1週間もたっていないので頂いたアドバイスを消化するのに時間がかかって

しまっています...

 

今回の場合、CSVファイル側で修正した方があとあと他のもので使うのにしても

有効かと感じました。となるとOpenRefineがまずはよさそうです。

 

まずは試しにこれからやってみます。

 

岩佐@松山

 

From: Naoki Arita <[hidden email]>
Sent: Sunday, January 10, 2021 11:21 PM
To: Nobusuke Iwasaki <[hidden email]>
Cc: [hidden email]; osgeojapan-discuss <[hidden email]>
Subject: Re: [OSGeoJapan-discuss]
レイヤの結合について:ワイルドカード的なもの

 

こんにちは

 

大幅な表記ゆれなどの可能性があり、のちのちのことも考え、データとして

ちゃんと修正しておきたい場合、 CSV 形式で作業するのはおすすめです。

いわさきさんが示されている記事のほか、 CSV 自体にも位置情報をもたせることが

できるため、うまくすると CSV だけでデータ管理をすることができます。

 

 

それはそうと、 QGIS 式における部分一致は LIKE 演算子を使うこともできます。

 

属性テーブルを開き、式による地物選択で "city_name" LIKE '松山市%' として

条件選択すると、末尾空白も含めマッチするはずです。

(属性名が city_name の場合。属性名には二重引用符、文字列には一重引用符)

 

マッチした行に対し、「松山市」で選択の更新を行うことで、それらの行を

一律「松山市」とすることも可能です。

 

 

また、半角空白やタブだけなら trim 関数、全角空白もあれば regexp_replace 関数も

利用して、値の更新を行うこともできるかと思います。

関数の使い方はフィールド計算機の中段の関数一覧で確認することができます。


_______________________________________________
OSGeoJapan-discuss mailing list
[hidden email]
https://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss
Reply | Threaded
Open this post in threaded view
|

Re: レイヤの結合について:ワイルドカード的なもの

y-iwasa

今試しにOpenRefineでやってみましたがうまくできました。

今回の場合CSV自体を正しい形にした方がいいと感じました。

ただし心配なのはこのようなエラーがあるのが気づかずに

やってしまうのが心配です。人口ならばCSVファイルの人口総計と

あっているのか確認した方がいいですね。

 

もしくは場合によっては多少のエラーを許容する方向で割り切るべきかも

しれません。

 

まずはアドバイスありがとうございました。

もしかすると今後はOpenrefineで質問するかもしれませんが

今後もよろしくお願いします。

 

岩佐@松山

 

From: OSGeoJapan-discuss <[hidden email]> On Behalf Of [hidden email]
Sent: Monday, January 11, 2021 9:12 AM
To: 'Naoki Arita' <[hidden email]>; 'Nobusuke Iwasaki' <[hidden email]>
Cc: 'osgeojapan-discuss' <[hidden email]>
Subject: Re: [OSGeoJapan-discuss]
レイヤの結合について:ワイルドカード的なもの

 

三連休中にもかかわらずアドバイス参考となります。

まだQGISを始めて1週間もたっていないので頂いたアドバイスを消化するのに時間がかかって

しまっています...

 

今回の場合、CSVファイル側で修正した方があとあと他のもので使うのにしても

有効かと感じました。となるとOpenRefineがまずはよさそうです。

 

まずは試しにこれからやってみます。

 

岩佐@松山

 

From: Naoki Arita <[hidden email]>
Sent: Sunday, January 10, 2021 11:21 PM
To: Nobusuke Iwasaki <[hidden email]>
Cc: [hidden email]; osgeojapan-discuss <[hidden email]>
Subject: Re: [OSGeoJapan-discuss]
レイヤの結合について:ワイルドカード的なもの

 

こんにちは

 

大幅な表記ゆれなどの可能性があり、のちのちのことも考え、データとして

ちゃんと修正しておきたい場合、 CSV 形式で作業するのはおすすめです。

いわさきさんが示されている記事のほか、 CSV 自体にも位置情報をもたせることが

できるため、うまくすると CSV だけでデータ管理をすることができます。

 

 

それはそうと、 QGIS 式における部分一致は LIKE 演算子を使うこともできます。

 

属性テーブルを開き、式による地物選択で "city_name" LIKE '松山市%' として

条件選択すると、末尾空白も含めマッチするはずです。

(属性名が city_name の場合。属性名には二重引用符、文字列には一重引用符)

 

マッチした行に対し、「松山市」で選択の更新を行うことで、それらの行を

一律「松山市」とすることも可能です。

 

 

また、半角空白やタブだけなら trim 関数、全角空白もあれば regexp_replace 関数も

利用して、値の更新を行うこともできるかと思います。

関数の使い方はフィールド計算機の中段の関数一覧で確認することができます。


_______________________________________________
OSGeoJapan-discuss mailing list
[hidden email]
https://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss
Reply | Threaded
Open this post in threaded view
|

Re: レイヤの結合について:ワイルドカード的なもの

Nobusuke Iwasaki
岩佐さま

なんとか目処が立ったようでよかったです(というか、OpenRefineを試してみるのが早い!)
本当であれば
データの入手、OpenRefine等で正規化、GIS等での利用という流れで作業するのが正しいのでしょうが、なんな化できません(汗

進めておいて何ですが、実はOpenRefineは使ったことがないので、私も機会を見て試してみたいと思います。


On 2021/01/11 9:50, [hidden email] wrote:

> 今試しにOpenRefineでやってみましたがうまくできました。
>
> 今回の場合CSV自体を正しい形にした方がいいと感じました。
>
> ただし心配なのはこのようなエラーがあるのが気づかずに
>
> やってしまうのが心配です。人口ならばCSVファイルの人口総計と
>
> あっているのか確認した方がいいですね。
>
> もしくは場合によっては多少のエラーを許容する方向で割り切るべきかも
>
> しれません。
>
> まずはアドバイスありがとうございました。
>
> もしかすると今後はOpenrefineで質問するかもしれませんが
>
> 今後もよろしくお願いします。
>
> 岩佐@松山
>
> *From:*OSGeoJapan-discuss <[hidden email]> *On Behalf Of *[hidden email]
> *Sent:* Monday, January 11, 2021 9:12 AM
> *To:* 'Naoki Arita' <[hidden email]>; 'Nobusuke Iwasaki' <[hidden email]>
> *Cc:* 'osgeojapan-discuss' <[hidden email]>
> *Subject:* Re: [OSGeoJapan-discuss] レイヤの結合について:ワイルドカード的なもの
>
> 三連休中にもかかわらずアドバイス参考となります。
>
> まだQGISを始めて1週間もたっていないので頂いたアドバイスを消化するのに時間がかかって
>
> しまっています...
>
> 今回の場合、CSVファイル側で修正した方があとあと他のもので使うのにしても
>
> 有効かと感じました。となるとOpenRefineがまずはよさそうです。
>
> まずは試しにこれからやってみます。
>
> 岩佐@松山
>
> *From:*Naoki Arita <[hidden email] <mailto:[hidden email]>>
> *Sent:* Sunday, January 10, 2021 11:21 PM
> *To:* Nobusuke Iwasaki <[hidden email] <mailto:[hidden email]>>
> *Cc:* [hidden email] <mailto:[hidden email]>; osgeojapan-discuss <[hidden email] <mailto:[hidden email]>>
> *Subject:* Re: [OSGeoJapan-discuss] レイヤの結合について:ワイルドカード的なもの
>
> こんにちは
>
> 大幅な表記ゆれなどの可能性があり、のちのちのことも考え、データとして
>
> ちゃんと修正しておきたい場合、CSV 形式で作業するのはおすすめです。
>
> いわさきさんが示されている記事のほか、CSV 自体にも位置情報をもたせることが
>
> できるため、うまくするとCSV だけでデータ管理をすることができます。
>
> https://www.slideshare.net/AyumiShibamoto/geocsv <https://www.slideshare.net/AyumiShibamoto/geocsv>
>
> それはそうと、QGIS 式における部分一致はLIKE 演算子を使うこともできます。
>
> https://docs.qgis.org/3.10/ja/docs/user_manual/working_with_vector/expression.html <https://docs.qgis.org/3.10/ja/docs/user_manual/working_with_vector/expression.html>
>
> 属性テーブルを開き、式による地物選択で"city_name" LIKE '松山市%' として
>
> 条件選択すると、末尾空白も含めマッチするはずです。
>
> (属性名がcity_name の場合。属性名には二重引用符、文字列には一重引用符)
>
> マッチした行に対し、「松山市」で選択の更新を行うことで、それらの行を
>
> 一律「松山市」とすることも可能です。
>
> また、半角空白やタブだけならtrim 関数、全角空白もあれば regexp_replace 関数も
>
> 利用して、値の更新を行うこともできるかと思います。
>
> 関数の使い方はフィールド計算機の中段の関数一覧で確認することができます。
>
>
> _______________________________________________
> OSGeoJapan-discuss mailing list
> [hidden email]
> https://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss
>

--
☆通常勤務中です☆
#staypositive

---
Nobusuke IWASAKI
Institute for Agro-Environmental Sciences, NARO
3-1-1, Kannondai, Tsukuba-shi,
Ibaraki-ken 305-8604, JAPAN
Tel / Fax 81-29-838-8227
_______________________________________________
OSGeoJapan-discuss mailing list
[hidden email]
https://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss
Reply | Threaded
Open this post in threaded view
|

Re: レイヤの結合について:ワイルドカード的なもの

y-iwasa
いわさきさま

今回の結合ならばある意味、エラー状況が簡単に判断できますが
これが集計を伴うものとなると難しいかと思います。
ここら辺は今後いろいろな事例をやりながら勉強していくしかないかと。

まずは喜多さんのQGIS入門を購入して一通りやって今度は
実際に自分の環境(愛媛県)で2回目をやっておりまずは簡単な
人口等を可視化しようとしたらこのような状態でした。

そもそも市町村のデータも愛媛の場合、小さな島等が多く
松山市だけでも100くらいのポリゴンデータがあり
どうやればいいかあせった次第です。

だんだんやっていくとQGISのソフトの操作の傾向もわかってきた状態です。
最終的には今の仕事(土木系の測量・点検コンサル業務)でどう活用するかがゴール

考えています。

-----Original Message-----
From: OSGeoJapan-discuss <[hidden email]> On
Behalf Of Nobusuke IWASAKI
Sent: Monday, January 11, 2021 10:24 AM
To: [hidden email]
Subject: Re: [OSGeoJapan-discuss] レイヤの結合について:ワイルドカード的なも


岩佐さま

なんとか目処が立ったようでよかったです(というか、OpenRefineを試してみるのが
早い!)
本当であれば
データの入手、OpenRefine等で正規化、GIS等での利用という流れで作業するのが正
しいのでしょうが、なんな化できません(汗

進めておいて何ですが、実はOpenRefineは使ったことがないので、私も機会を見て試
してみたいと思います。


On 2021/01/11 9:50, [hidden email] wrote:

> 今試しにOpenRefineでやってみましたがうまくできました。
>
> 今回の場合CSV自体を正しい形にした方がいいと感じました。
>
> ただし心配なのはこのようなエラーがあるのが気づかずに
>
> やってしまうのが心配です。人口ならばCSVファイルの人口総計と
>
> あっているのか確認した方がいいですね。
>
> もしくは場合によっては多少のエラーを許容する方向で割り切るべきかも
>
> しれません。
>
> まずはアドバイスありがとうございました。
>
> もしかすると今後はOpenrefineで質問するかもしれませんが
>
> 今後もよろしくお願いします。
>
> 岩佐@松山
>
> *From:*OSGeoJapan-discuss <[hidden email]>
> *On Behalf Of *[hidden email]
> *Sent:* Monday, January 11, 2021 9:12 AM
> *To:* 'Naoki Arita' <[hidden email]>; 'Nobusuke Iwasaki'
> <[hidden email]>
> *Cc:* 'osgeojapan-discuss' <[hidden email]>
> *Subject:* Re: [OSGeoJapan-discuss] レイヤの結合について:ワイルドカード的
なもの
>
> 三連休中にもかかわらずアドバイス参考となります。
>
> まだQGISを始めて1週間もたっていないので頂いたアドバイスを消化するのに時間
がかかって

>
> しまっています...
>
> 今回の場合、CSVファイル側で修正した方があとあと他のもので使うのにしても
>
> 有効かと感じました。となるとOpenRefineがまずはよさそうです。
>
> まずは試しにこれからやってみます。
>
> 岩佐@松山
>
> *From:*Naoki Arita <[hidden email]
> <mailto:[hidden email]>>
> *Sent:* Sunday, January 10, 2021 11:21 PM
> *To:* Nobusuke Iwasaki <[hidden email] <mailto:[hidden email]>>
> *Cc:* [hidden email] <mailto:[hidden email]>;
> osgeojapan-discuss <[hidden email]
> <mailto:[hidden email]>>
> *Subject:* Re: [OSGeoJapan-discuss] レイヤの結合について:ワイルドカード的
なもの

>
> こんにちは
>
> 大幅な表記ゆれなどの可能性があり、のちのちのことも考え、データとして
>
> ちゃんと修正しておきたい場合、CSV 形式で作業するのはおすすめです。
>
> いわさきさんが示されている記事のほか、CSV 自体にも位置情報をもたせることが
>
> できるため、うまくするとCSV だけでデータ管理をすることができます。
>
> https://www.slideshare.net/AyumiShibamoto/geocsv
> <https://www.slideshare.net/AyumiShibamoto/geocsv>
>
> それはそうと、QGIS 式における部分一致はLIKE 演算子を使うこともできます。
>
> https://docs.qgis.org/3.10/ja/docs/user_manual/working_with_vector/exp
> ression.html
> <https://docs.qgis.org/3.10/ja/docs/user_manual/working_with_vector/ex
> pression.html>
>
> 属性テーブルを開き、式による地物選択で"city_name" LIKE '松山市%' として
>
> 条件選択すると、末尾空白も含めマッチするはずです。
>
> (属性名がcity_name の場合。属性名には二重引用符、文字列には一重引用符)
>
> マッチした行に対し、「松山市」で選択の更新を行うことで、それらの行を
>
> 一律「松山市」とすることも可能です。
>
> また、半角空白やタブだけならtrim 関数、全角空白もあれば regexp_replace 関
数も

>
> 利用して、値の更新を行うこともできるかと思います。
>
> 関数の使い方はフィールド計算機の中段の関数一覧で確認することができます。
>
>
> _______________________________________________
> OSGeoJapan-discuss mailing list
> [hidden email]
> https://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss
>

--
☆通常勤務中です☆
#staypositive

---
Nobusuke IWASAKI
Institute for Agro-Environmental Sciences, NARO 3-1-1, Kannondai,
Tsukuba-shi, Ibaraki-ken 305-8604, JAPAN Tel / Fax 81-29-838-8227
_______________________________________________
OSGeoJapan-discuss mailing list
[hidden email]
https://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss

_______________________________________________
OSGeoJapan-discuss mailing list
[hidden email]
https://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss
Reply | Threaded
Open this post in threaded view
|

Re: レイヤの結合について:ワイルドカード的なもの

Nobusuke Iwasaki-3
岩佐さま

OpenRefineについてですが、OpenStreetMap(かつ、OKFJの)東さんという方が、Facebookの中に勉強グループを作ってくれました。

今回の事例についても、サンプルとして扱ってくれたので、もしFacebookを使用されていれば、見ていただけると参考になると思います。
よろしくお願いします。



2021年1月11日(月) 10:51 <[hidden email]>:
いわさきさま

今回の結合ならばある意味、エラー状況が簡単に判断できますが
これが集計を伴うものとなると難しいかと思います。
ここら辺は今後いろいろな事例をやりながら勉強していくしかないかと。

まずは喜多さんのQGIS入門を購入して一通りやって今度は
実際に自分の環境(愛媛県)で2回目をやっておりまずは簡単な
人口等を可視化しようとしたらこのような状態でした。

そもそも市町村のデータも愛媛の場合、小さな島等が多く
松山市だけでも100くらいのポリゴンデータがあり
どうやればいいかあせった次第です。

だんだんやっていくとQGISのソフトの操作の傾向もわかってきた状態です。
最終的には今の仕事(土木系の測量・点検コンサル業務)でどう活用するかがゴール

考えています。

-----Original Message-----
From: OSGeoJapan-discuss <[hidden email]> On
Behalf Of Nobusuke IWASAKI
Sent: Monday, January 11, 2021 10:24 AM
To: [hidden email]
Subject: Re: [OSGeoJapan-discuss] レイヤの結合について:ワイルドカード的なも


岩佐さま

なんとか目処が立ったようでよかったです(というか、OpenRefineを試してみるのが
早い!)
本当であれば
データの入手、OpenRefine等で正規化、GIS等での利用という流れで作業するのが正
しいのでしょうが、なんな化できません(汗

進めておいて何ですが、実はOpenRefineは使ったことがないので、私も機会を見て試
してみたいと思います。


On 2021/01/11 9:50, [hidden email] wrote:
> 今試しにOpenRefineでやってみましたがうまくできました。
>
> 今回の場合CSV自体を正しい形にした方がいいと感じました。
>
> ただし心配なのはこのようなエラーがあるのが気づかずに
>
> やってしまうのが心配です。人口ならばCSVファイルの人口総計と
>
> あっているのか確認した方がいいですね。
>
> もしくは場合によっては多少のエラーを許容する方向で割り切るべきかも
>
> しれません。
>
> まずはアドバイスありがとうございました。
>
> もしかすると今後はOpenrefineで質問するかもしれませんが
>
> 今後もよろしくお願いします。
>
> 岩佐@松山
>
> *From:*OSGeoJapan-discuss <[hidden email]>
> *On Behalf Of *[hidden email]
> *Sent:* Monday, January 11, 2021 9:12 AM
> *To:* 'Naoki Arita' <[hidden email]>; 'Nobusuke Iwasaki'
> <[hidden email]>
> *Cc:* 'osgeojapan-discuss' <[hidden email]>
> *Subject:* Re: [OSGeoJapan-discuss] レイヤの結合について:ワイルドカード的
なもの
>
> 三連休中にもかかわらずアドバイス参考となります。
>
> まだQGISを始めて1週間もたっていないので頂いたアドバイスを消化するのに時間
がかかって
>
> しまっています...
>
> 今回の場合、CSVファイル側で修正した方があとあと他のもので使うのにしても
>
> 有効かと感じました。となるとOpenRefineがまずはよさそうです。
>
> まずは試しにこれからやってみます。
>
> 岩佐@松山
>
> *From:*Naoki Arita <[hidden email]
> <mailto:[hidden email]>>
> *Sent:* Sunday, January 10, 2021 11:21 PM
> *To:* Nobusuke Iwasaki <[hidden email] <mailto:[hidden email]>>
> *Cc:* [hidden email] <mailto:[hidden email]>;
> osgeojapan-discuss <[hidden email]
> <mailto:[hidden email]>>
> *Subject:* Re: [OSGeoJapan-discuss] レイヤの結合について:ワイルドカード的
なもの
>
> こんにちは
>
> 大幅な表記ゆれなどの可能性があり、のちのちのことも考え、データとして
>
> ちゃんと修正しておきたい場合、CSV 形式で作業するのはおすすめです。
>
> いわさきさんが示されている記事のほか、CSV 自体にも位置情報をもたせることが
>
> できるため、うまくするとCSV だけでデータ管理をすることができます。
>
> https://www.slideshare.net/AyumiShibamoto/geocsv
> <https://www.slideshare.net/AyumiShibamoto/geocsv>
>
> それはそうと、QGIS 式における部分一致はLIKE 演算子を使うこともできます。
>
> https://docs.qgis.org/3.10/ja/docs/user_manual/working_with_vector/exp
> ression.html
> <https://docs.qgis.org/3.10/ja/docs/user_manual/working_with_vector/ex
> pression.html>
>
> 属性テーブルを開き、式による地物選択で"city_name" LIKE '松山市%' として
>
> 条件選択すると、末尾空白も含めマッチするはずです。
>
> (属性名がcity_name の場合。属性名には二重引用符、文字列には一重引用符)
>
> マッチした行に対し、「松山市」で選択の更新を行うことで、それらの行を
>
> 一律「松山市」とすることも可能です。
>
> また、半角空白やタブだけならtrim 関数、全角空白もあれば regexp_replace 関
数も
>
> 利用して、値の更新を行うこともできるかと思います。
>
> 関数の使い方はフィールド計算機の中段の関数一覧で確認することができます。
>
>
> _______________________________________________
> OSGeoJapan-discuss mailing list
> [hidden email]
> https://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss
>

--
☆通常勤務中です☆
#staypositive

---
Nobusuke IWASAKI
Institute for Agro-Environmental Sciences, NARO 3-1-1, Kannondai,
Tsukuba-shi, Ibaraki-ken 305-8604, JAPAN Tel / Fax 81-29-838-8227
_______________________________________________
OSGeoJapan-discuss mailing list
[hidden email]
https://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss

_______________________________________________
OSGeoJapan-discuss mailing list
[hidden email]
https://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss


--
岩崎 亘典

_______________________________________________
OSGeoJapan-discuss mailing list
[hidden email]
https://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss